サンバは腰の動きが大切??水曜の立花団体レッスンを少しだけ公開♪4

2020/08/26 ブログ
logo

こんにちは!立花悠です✨

 

私は水曜日に団体レッスンを持っていますが、今日は15時からのクラスでどんなことをしているのか、少しだけ紹介します💛

 

1カ月ごとに種目を変えていますが、今月はサンバです💃

 

サンバは複雑で難しい!!という声が多いのですが、たしかにバウンスアクションという独特な動きがあるためほかの種目に比べると難しいかもしれません。

 

ですが、バウンスアクションは実は起きるタイミングが正確に決まっています。

すごく簡単に言うと実は、1&2&のハーフビートでひざと足首を曲げ伸ばしするだけなのです

 

よくある間違いは、腰の動かし方に注目しすぎることです。

たしかにバウンスアクションでの腰の動かし方はほかの種目と違いますね。でもそこにだけ注目しすぎると、カウントの法則性がわからないままになってしまい、何をしているのかどんどんわからなくなってしまうのです。

 

バウンスアクションに伴う腰の動かし方は、あくまでも手段にすぎません。「カレーを作っている時のにんじんの切り方」のようなものです。笑

 

にんじんの切りかたは切る方法でしかなく、あくまで最終的に作ろうとしているのはカレーであり、にんじんを切ることではありません。

 

サンバも同じで、バウンスアクションを起こし、1&2&でひざと足首を動かしながら踊ることが目標であって、その際に腰をうまく使えるとさらによく動けますよ、というだけなのです。

 

もちろん腰の動かし方もとっても大切です!!ですが、腰を動かすことだけが大事ではないので、気をつけましょうね⭐というお話でした😊

 

私のクラスでは以上の基本運動を最初の10分くらいで動いて練習し、とにかく身体にしみこませてから、残りの40分で実際のステップでの応用の仕方をレクチャーしています✨

 

何事も基本があれば応用ができます!

逆を言うと基本がなければ応用も出来ません。

最終的な目標はサンバの音楽に合わせてかっこよく、楽しく踊ることです💃

そのための体の使い方、法則性をマスターすればサンバは怖くありません⭐

 

実際に動いて練習してみたい、さらに応用する方法を知りたい方は、ぜひ蘇我のH&Tダンススタジオに遊びにいらしてくださいheart!!

 

社交ダンスをさらに楽しんでいただくためのお手伝いができたらうれしいです😆

 

それでは本日はこの辺で!✨

 

立花悠(はるか)